« コンペイトウの木 | トップページ | 2005クリスマスイルミネーション »

2005年11月30日 (水)

酔っ払いの船乗り…と呼ばれる花

Quisqualis indica

quisqualis_indica4s

シクンシ科   Combretaceae (バラ亜綱 フトモモ目)

原産地:インド~マラヤ or ビルマ (どっちやねん??本によって違うのでよくわからん)

Common Name: R angoon Creeper, Drunken Sailor, Akar Dani, シクンシ(使君子)

今回、タイトルに使ったのは英名のDrunken Sailorの直訳。面白い名前だなあって思って。

このお花は咲いたときが「白」だんだん赤みが増して、「ピンク」「赤」と花の色を変えていきます。多分、このお花の様子が「だんだん酔っ払っていく人のようだ」ということで「酔っ払いの船乗り」という名前が付いたのかな?と思います。

日本には「スイフヨウ(酔芙蓉)」と呼ばれるお花がありますよね。あれも同じように「白」から「赤」へと花色を変えるので、この名前があります。洋の東西で同じ意味の名前が花に付けられる…というのは、すっごく面白い!人間って考えることが同じなんだなあ…って。

quisqualis_indica5s

このツル植物公園などのアーチに使われているのを時々見かけます。本によると、成長が早いので大きなアーチとかトンネルとかも早く覆ってくれるんだとか…。

日本では見た記憶がないので、まだ導入されていないのかな?と思いました。とにかくお花が可愛くて、きれいなので、夏場のアーチによいと思うのだけど、どうだろう? 導入済みの情報をお持ちの方がいらしたら教えて下さい。

八重と一重の2種類があって、八重の方が見かける回数は多いような気がします。よく似た花だなあと思っていたら、同じ種類のものだということを、今回調べていて知りました。

一重のお花はテロックブランがヒルパークのアルカッフマンションの裏で撮影。八重のお花はマクリッチリザーバーパークの中で撮影。この公園のアーチはきれいだよ!

資料:「A Guide to the Common Horticultural Shurubs 」 P92

        「1001 Garden Plants in Singapore」 P30

|

« コンペイトウの木 | トップページ | 2005クリスマスイルミネーション »

コメント

 お久しぶりです。最近、忙しくて、あまりこちらに来られませんでした。

 「酔っ払いの船乗り」ことシクンシの花は、きれいですね。残念ながら、私は実物を見たことがありません。
 日本でも、西表島と石垣島に導入されているそうです。

 シクンシは、現在、アフリカ、東南アジア、ニューギニアの熱帯に広く見られます。早い時代から栽培されたために、人為的に分布が広げられました。おかげで、原産地がどこなのか、わからなくなっています。

 栽培された理由は、花がきれいだから、だけではありません。果実が薬になるからです。漢方で、果実をカイチュウの駆虫薬にします。

投稿: 松沢 千鶴 | 2006年5月11日 (木) 15時43分

松沢さん
いつもながら生き物のみならず、植物知識の豊富さに感動しています。ありがとうございます。ドランケンセイラーの果実には今まで注目したことがありませんでした。次の機会には果実にも注目してこよう!っと。

投稿: TOM | 2006年5月13日 (土) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/7385337

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っ払いの船乗り…と呼ばれる花:

« コンペイトウの木 | トップページ | 2005クリスマスイルミネーション »