« ナツメグの実 | トップページ | マヤプシキ »

2005年11月 9日 (水)

ウビン島

ubin-1s 1年ぶりくらいでウビン島へ散策に行ってきました。チャンギジェッティーはいつの間にかすっかりきれいになっていたけど、船は昔のまま。船に乗り込んで2ドルを払って10分でウビン島に到着。

ウビン島は昔のシンガポールの面影を残した島で、歩くと昔の民家の跡らしいところに沢山の果樹が植わっていたり、ココナッツなどのプランテーションの跡があったり、マングローブがあったりと、今のシンガポールでは見られない見所がたくさんある。今回はゆっくり、マングローブを見て、村長さんの家の前を通り、北側のジョホール海峡の方まで歩いて帰ってきた。しばらく、ここで見たものをレポートしようかな?と思ってるのでお楽しみに。

|

« ナツメグの実 | トップページ | マヤプシキ »

コメント

凄いブログですね。感心しました。
Ubin島で BukitPuakaに登りましたか?
島の中央付近にあって標高75m(?)位です。是非お勧めですよ。

投稿: 竹下 隆史郎 | 2006年3月 3日 (金) 15時48分

竹下さん
始めまして。在星年数の少ない若輩物ですが、熱帯植物とシンガポールに魅せられて楽しんで作っているブログです。感想、まちがいの指摘、何でもおまちしています!

投稿: TOM | 2006年3月 4日 (土) 07時54分

は、反応早いですね。

もう一つ Ubin島で 期待して欲しいのは
犀鳥(Hornbill)です。
前頭部に犀の角みたいな突起がある鳥
Singapore本島では何処かから逃げ出したのが一二羽居るようですが、Ubinには野生のが何羽か居るようです。
僕は3回しか見ていない。

ところで ベニハナ 僕が持っている
500 Popular Tropical Plants
って本には Bixa orellona で
"The pink and white flowers overlap with the clusters of brietly red fruit that persist on the branches long after they have released their seeds."
というくだりがあります。

Pinkに拘る必要ないんじゃないですか?

投稿: 竹下 隆史郎 | 2006年3月 4日 (土) 20時48分

ウビン島のホーンビルはまだ見たことがありません。BukitPuakaもまだ。次の目標ができました。
ホーンビルはアッパーセレター付近の森で1度だけ見たことがあります。植物園でもインドボダイジュにとまっていたと友人が教えてくれたことがありました。神出鬼没!芋虫のたぐいは動かないので写真が撮れるのですが、鳥やチョウは難しいですね。

投稿: TOM | 2006年3月 5日 (日) 10時20分

ベニノキの話。植物園の例の白い花のベニノキにはその後札がつき、Bixa orellona とあったので、色違いと判断してよいのかな?と漠然と思っていました。なるほどー。ありがとうございました!

投稿: TOM | 2006年3月 5日 (日) 10時21分

しっかりと自然に目を向ければ、これだけたくさんの花や果実が存在しているんですね。

先日、旅行でウビン島へ寄る機会があり、このページも参考にさせていただいたのですが、私の見方はホント大雑把。
お恥ずかしい限りです(´~`)

シンガポールからの植物レポート、これからも楽しみにしていますので、がんばってください!

投稿: chama | 2006年5月12日 (金) 23時35分

今では熱帯植物園は日本中にありますよね。機会があったら、ブログを参考にして行ってみてください。植物のあの手この手の生き残り大作戦は、知れば知るほどエキサイティングですよー。これからもよろしく!

投稿: TOM | 2006年5月13日 (土) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/6971835

この記事へのトラックバック一覧です: ウビン島:

« ナツメグの実 | トップページ | マヤプシキ »