« ミッキーマウスの木 | トップページ | 甘い香りのスイメイ »

2005年11月22日 (火)

カマバアカシア

acacia_auriculiformis1s acacia_auriculiformis3s

Acacia auriculiformis

ネムノキ科((マメ科))Mimosaceae (バラ亜綱 マメ目)

原産地: ニューギニア、北部オーストラリア

Common Name : Earleaf Acacia, Northern Black Wattle, カマバアカシア

和名は葉がカマのような形をしているところからついた…らしい。おかげでシンガポールに来てすぐ覚えられた高木の一つです。

花はおしべが房状に伸びてそれがたくさんブラシのようになって咲きます。(写真右)太さ1~2cm。長さ10cmってところかな?

種が面白いの。種が熟すとわれて中からマメが出て来るんだけど、写真のようにオレンジ色のふりふりを着けて出てきます。このオレンジのところを鳥が好きで食べて、それで種を遠くに運んでもらうんだって。この種、わずか7mmくらいです。

街中ではあまり見かけません。公園とか、森の端っことか、そういったところにたくさん生えています。勢力が旺盛なので、鳥が運んだ種子がどんどん育って、外来種だけど今ではシンガポールのあちこちで我が物顔で大きな木に育っています。あんまり元気なので、シンガポールではちょっと嫌われ者です。

資料: 「1001 Garden Plants in Singapore」P289 & 「Tropical Trees and Shrubs」 P117

|

« ミッキーマウスの木 | トップページ | 甘い香りのスイメイ »

コメント

こんにちは新井です。今中一でシンガポールに住んでいて、植物園の自然友の会の案内にもよく聞きに行ったりしています。
それでこの「カマバアカシア」は、私は小学生のころ校長からこの割れたマメが耳たぶみたいだから「耳たぶの木」と呼ばれてると聞きました。
かわいらしくて印象的な名前ですよね。

投稿: 新井 暁子 | 2006年7月14日 (金) 21時58分

新井さん
こんにちわ。はじめまして。遊びに来てくれてありがとう。カマバアカシアが「耳たぶの木」ですか?かわいい名前ですね。印象的で説明する時にインパクトがありそう。いい情報をありがとうございました。
シンガポール植物園のガイドは自然友の会ではなくて植物園のガイドグループがやっています。学生さんだと土曜日しか来られないと思いますが、ガイドによって同じコースでも説明する内容が違いますし、ぜひぜひ繰り返しお越しくださいね。

投稿: TOM | 2006年7月15日 (土) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/7184682

この記事へのトラックバック一覧です: カマバアカシア:

« ミッキーマウスの木 | トップページ | 甘い香りのスイメイ »