« 村長さんのおうち | トップページ | サナダムシの草 »

2005年11月12日 (土)

珍しいイチジクの木

ficus_crassiramea1s  Ficus crassiramea

クワ科 Moraceae (マンサク亜綱 イラクサ目)

Common Name : Collared Fig

原産地:シンガポール辺りかなあー(本には書いてない)

ウビン島で「珍しいイチジクなんだよー」と教えてもらったのがこれ。シンガポールではわずかにウビン島とテコン島で見られるだけなんだそう。テコン島は気軽に行ける島ではないから、普通の人が見られるのはウビン島だけと言ってもいいかも。

日本人には果物としてポピュラーなイチジクだけど、熱帯には普通は人間は食べないけれど、イチジクの仲間がいーーーーっぱいいる。クワ科イチジク属のものだけで、800種類もあるとか。うーん。いっぱい。

このとってもレア―なイチジクの特徴は実のつき方。果物のイチジクで言うところの「柄」の部分が全然ない。べたーっと枝にくっついてる。面白い!

もう少し育つと1.5~1.8cmくらいの大きさになり、赤くなるのだそうだ。

ウビン島に桟橋から入り、「ようこそウビン島へ」と書かれたアーチをくぐって、右に歩いていくと砂浜に出る。砂浜沿いの3m位の小さめの木を観察してごらん。変な実がくっついているかもしれないよ!

資料:「A Guide to the Fabulous Figs of Singapore」

|

« 村長さんのおうち | トップページ | サナダムシの草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/7040477

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しいイチジクの木:

« 村長さんのおうち | トップページ | サナダムシの草 »