« 熱帯の森の種類 | トップページ | 熱帯雨林の概要-1 »

2006年1月 1日 (日)

シンガポールの国花

Papilionanthe Miss Joaquim

旧学名:Vanda Miss Joaquim

vanda_miss_joaquim























ラン科 Orchidaceae ( 単子葉綱 ユリ亜綱 ラン目)

原産地:シンガポール ジョアキムさんのおうちの庭

シンガポール植物園のバンドスタンド脇に、いーっぱい植えられているのが、「ジョアキムさん」と私たちが呼んでいる、「バンダ ミス・ジョアキム」です。これがシンガポールの国花。1981年に指定されました。

19世紀 の終わりに、シンガポールに住んでいたアルメニア人の女性、ジョアキムさんが自宅の庭でとっても美しいランのお花が咲いているのを発見し、当時、シンガポール植物園の園長をしていたリドレー氏に「見てみてー、きれいなお花が咲いていたのー!」と見せたところ、自然交配でできた新種であることがわかって、新種として登録。彼女の名前をとって、「Vanda Miss Joaquim」と名づけられました。

シンガポールで生まれたこと、お花が大きくてきれいなこと、ランがシンガポールの重要な輸出品であったことなどから、国花として選ばれたそうです。最近は出回らなくなってしまった、1セント硬貨の図柄は、ジョアキムさんでした。観光の方はおつりとして1セント硬貨をGETする機会があれば、記念にとっておいてはいかが?

ちなみのこの写真、シンガポール植物園のラン園の日本語パンフレットに使われている写真。私が撮ったんだよー。(ちょっと自慢) 日本語パンフレットはラン園のものだけあります。(パンフレットそのものは色々あるんだけどみんな英語か中国語)表には英語のしか置いてないので、植物園のビジターセンターのインフォメーションで「日本語のちょうだい!」って頼むと、在庫があればだしてくれます。

2016-10-05更新(シンガポール在住の友人、高田さんが最新情報をお知らせしてくださいました!高田さん、ありがとうございます!)

シンガポールの国花バンダ・ミス・ジョアキムですが、このたび正式にNParksNational Heritage Boardから自然交配種でなくて人工交配種だとされました。

http://www.straitstimes.com/singapore/vanda-miss-joaquims-namesake-gets-official-credit-as-creatorcial-credit-as-creator

 また、学名もPapilionanthe Miss Joaquim というように変わっています。コモンネームは、そのまま Vanda Miss Joaquim です。解析の結果母方と父方も入れ替わりました。

この記事を書いてからもう10年も経っているんですね。私も10歳歳をとったのか~。びっくり。

科学はどんどん色々なことを明らかにしてくれます。わからなかったことが少しずつ分かるようになるってわくわくします!

 

|

« 熱帯の森の種類 | トップページ | 熱帯雨林の概要-1 »

コメント

先日メールにてもお願い致しましたが
こちらの画像(オリジナル)を私どもの雑誌に掲載させていただけないでしょうか?
本日〆切のためコメントさせていただきました。
もしご対応可能であればご連絡下さい。

投稿: 月刊九州王国 | 2009年7月31日 (金) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/7749647

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールの国花:

« 熱帯の森の種類 | トップページ | 熱帯雨林の概要-1 »