« ヒルギモドキ | トップページ | 銀葉朝顔(ギンバアサガオ) »

2006年1月 8日 (日)

コヒルギ

Ceriops tagal

ceriops_tagal1s

ceriops_tagal4s

ヒルギ科 Rhizophoraceae ( バラ亜綱 ヒルギ目 )

原産地:東アフリカ~東南アジア、北オーストラリア、ミクロネシア、ニューギニア、ソロモン諸島、ニューカレドニア

Common Name:コヒルギ

ceriops_tagal3s

ヒルギの仲間で、葉がぺたっとアイロンをかけたようにきれいに平らになっているのが特徴です。写真を見てもわかるでしょ。

新葉の赤ちゃんも写真のようにぺたっと平べったいの。

花が終わると左のような茶色の帽子ができます。これからオオバヒルギやシロバナヒルギと同じようにニョキニョキっと緑色の棒が出てきます。

ceriops_tagal2s

ほら、こんな感じ。

  ceriops_tagal7s

はじめは上を向いて伸びてるけど、ある程度伸びると左の写真のように下に方向転換。

コヒルギの胎生種子は縦に筋状に5本の稜線があって、触るとカクカクした感じがします。スンガイ・ブローでは実がよく落ちていて、このカクカクしている感じでコヒルギの実ということがわかります。

資料:「マングローブ入門―海に生える緑の森」P197

banner2人気blogランキングに登録しました。よかったらこちらをクリックして投票してくださーい! 毎回クリックしていただけると嬉しいです!

気が向いたら、こちらにも投票してくださーい

|

« ヒルギモドキ | トップページ | 銀葉朝顔(ギンバアサガオ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/7766074

この記事へのトラックバック一覧です: コヒルギ:

« ヒルギモドキ | トップページ | 銀葉朝顔(ギンバアサガオ) »