« モンキーポット | トップページ | ラフレシア-3 »

2006年3月 4日 (土)

ブキティマの森の巨人達(ブキティマ自然保護区説明版 -14 )

こちらの記事は、ブキティマ自然保護区のビジターセンターから頂上への道に設置されている説明版の超てきとー訳です。てきとーだから合ってるかどうかわかりません。間違いは指摘してください。TOMなりの付加説明もてきとー訳の中に入っています。

No.14  Giants of the Bukit Timah Forest

ブキティマの森の巨人達

bukit_timah14

ブキティマ自然保護区の森は、「低地フタバガキ林」として分類されています。背が高くて大きくてよく目立つフタバガキ科の樹木によって特徴付けられているタイプの森だからです。

ブキティマには18種のフタバガキ科の樹木があります。その多くは突出木(エマージェント)と呼ばれるもので、その林冠は、普通の森の林冠から飛び出してすっくと立っています。

ブキティマでは2種類のフタバガキによく出会います。Shorea curtisii ( Seraya ) と Dipterocarpus caudatus spp. penangianus ( Keruing ) です。このフタバガキたちは、まっすぐに伸びた幹と、特徴的な幹肌の様子で簡単に見分けることができます。

**********************

TOM情報

フタバガキ科樹木については「花いっぱい.com」というサイトに、もう少し詳しい説明を載せましたので、こちらもぜひぜひごらんください。http://www.hanaippai.com/tr/singapore/08.php

*****************************

前の説明へ← ● 

説明版の目次のページはこちらです。

(^_^) 役にたった?こちらをクリック!して1票お願いしまーす! (^_^)

|

« モンキーポット | トップページ | ラフレシア-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/8840353

この記事へのトラックバック一覧です: ブキティマの森の巨人達(ブキティマ自然保護区説明版 -14 ):

« モンキーポット | トップページ | ラフレシア-3 »