« シャワーオーキッド | トップページ | 国立ラン園での結婚式 »

2006年4月 9日 (日)

ブラックリリーのお仲間のお花

Tacca chantrieri

タシロイモ科 Taccaceae (ユリ亜綱 ユリ目)

原産地:ミャンマー、タイ

Common Name : Bat Flower, Cat's Whiskers、キャッツウィスカース、バットフラワー、ブラックキャット、タッカ・シャントリエリ、クロネコ(黒猫)

国立ラン園(シンガポール植物園内)の出口付近にブラックリリーの仲間が植えてあって、わりとよい頻度でお花を見ることができます。

3月中旬にちょうど咲いているところに出くわすことができました。

Tacca_chantrieri1s

Tacca_chantrieri3s

ブキティマの森の中で運がよければ出会えるブラックリリーの仲間で、お花の格好はほとんど同じ。森の中では全体の形の奇妙キテレツさに目を奪われてよく見ていなかったので、よーく観察。

真ん中にぶら下がっているボンボンみたいなのが、どうやら本当のお花。

そしてそのボンボンには2種類ありました。

上が受粉前で、下が受粉後の咲き終わったお花。

Tacca_chantrieri4s_1

このあとお花の解剖をすることができました。その様子はこちらにまとめてあります。見てね!

このブラックリリーのお仲間は日本ではブラックキャットという名前で形が面白いお花として流通しているようです。興味があったら調べてみてくださいね。

この子の生まれ故郷はミャンマーやタイでシンガポールよりちょっと北の方が原産地のようです。だから、日本でも育てやすくて導入されてるのかもしれませんね。

Tacca sp.

Tacca integrifolia

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 目次 (時々更新中)

|

« シャワーオーキッド | トップページ | 国立ラン園での結婚式 »

コメント

これって以前、ホテルオークラのイベントで使われて
すごい話題になった「ブラックキャット」ね。
ガイドの仕事をしていたんだけど、一日中名前を聞かれたよ。
温室でないところにある姿って、想像できないけど^^;

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/black-cat.html

投稿: fuming | 2006年4月10日 (月) 08時38分

日本ではブラックキャットって言うの?知らなかったー。こちらでは熱帯雨林の林床の植物です。

投稿: TOM | 2006年4月11日 (火) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャワーオーキッド | トップページ | 国立ラン園での結婚式 »