« ピーナッツのグランドカバー | トップページ | 黄金の雨 »

2006年4月24日 (月)

鳥の巣キノコ

先日、シンガポール植物園を歩いていたら、植物の株のかげになっている地面に変なものを見つけました。

これって何でしょう?

20060423_0392s

キノコかな?って思ったんだけど、中に入っているグレーの小さなタネみたいなものは、シャーペンなどでつっつくと取ることができます。何だ?全然わかりません。誰か教えて下さーーーい!!

大きさはグレーのタネ(??)が入っている器みたいなのが、だいたい7~8mmってところでしょうか?

20060423_039s

****************************

ってわめいていたら、またまた松沢さんが教えてくださいました。

****************************

TOMさんの推察どおり、これは菌類、キノコの一種ですね。おそらく、チャダイゴケ科の一種だと思います。
 例によって、種の同定までは勘弁して下さい。生き物の中でも、キノコの仲間は種の同定が難しいです。分類学者泣かせといわれています。
 以下、ちょっと長くなりますが、チャダイゴケ科のキノコについて説明しておきますね。参考になるかも知れませんから。

 チャダイゴケ科のキノコは、菌類でも風変わりな仲間です。その形から、英語では"bird's nest fungus"、つまり「鳥の巣キノコ」と呼ばれます。
 コップ状のものの中に、粒粒が入っていますよね。これは小塊粒とか、ペリジオールなどと呼ばれるものです。この中に、胞子が入っています。
 雨が降ると、小塊粒が雨粒に弾きとばされます。そうして、近くの草などにくっつきます。その草が草食獣に食べられると、小塊粒も一緒に体内に入ります。やがて草食獣が糞をすれば、胞子は体外に出て、そこでまたキノコになる、というわけです。

 草食獣に遠くまで運んでもらって、分布を広げて、なおかつ、糞という栄養付きで育つことができるなんて、素晴らしいですね。うまい方法を発明したものです。

 チャダイゴケ科のキノコの写真は貴重です。ちょっとした自慢になると思いますよ、ここの写真は(^o^)

*******************************

おおー。自慢になる??うれしー!!!大切にします!

この後「A Guide to Tropical Fungi」P98 を見ていたら、いました。この子。

ここに載っていたのは学名は「Cyathus striatus」でした。写真はそっくりでしたが、上の写真の子と同一種であるかは判断がつきません。

また「キノコの世界」(朝日百科)の本にもいました。(P100)

ここにはハタケチャダイゴケCyathus stercoreus)の写真が載っていて、これまたTOMが撮った写真にそっくり。松沢さんが同定は難しいとおっしゃるのもわかります…(涙!)ここには和名の「チャダイゴケ」という名前は「破れた殻皮の形が茶台状をしていることから」ついたと書いてありました。なるほどー。西洋の「鳥の巣キノコ」という名は「殻皮とその中にあるレンズ形をした多数の小塊粒を「卵の入った鳥の巣」に見立てて」 ついたとも書いてありました。所変われば見方も変わって面白い!

何はともあれ、松沢さんありがとうございました! 「キノコの世界」で写真を見つけてくれたMさんもありがとう!

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

|

« ピーナッツのグランドカバー | トップページ | 黄金の雨 »

コメント

 TOMさんの推察どおり、これは菌類、キノコの一種ですね。おそらく、チャダイゴケ科の一種だと思います。
 例によって、種の同定までは勘弁して下さい。生き物の中でも、キノコの仲間は種の同定が難しいです。分類学者泣かせといわれています。
 以下、ちょっと長くなりますが、チャダイゴケ科のキノコについて説明しておきますね。参考になるかも知れませんから。

 チャダイゴケ科のキノコは、菌類でも風変わりな仲間です。その形から、英語では"bird's nest fungus"、つまり「鳥の巣キノコ」と呼ばれます。
 コップ状のものの中に、粒粒が入っていますよね。これは小塊粒とか、ペリジオールなどと呼ばれるものです。この中に、胞子が入っています。
 雨が降ると、小塊粒が雨粒に弾きとばされます。そうして、近くの草などにくっつきます。その草が草食獣に食べられると、小塊粒も一緒に体内に入ります。やがて草食獣が糞をすれば、胞子は体外に出て、そこでまたキノコになる、というわけです。

 草食獣に遠くまで運んでもらって、分布を広げて、なおかつ、糞という栄養付きで育つことができるなんて、素晴らしいですね。うまい方法を発明したものです。

 チャダイゴケ科のキノコの写真は貴重です。ちょっとした自慢になると思いますよ、ここの写真は(^o^)

投稿: 松沢 千鶴 | 2006年4月25日 (火) 17時52分

松沢さん
いつも色々教えてくださってありがとうございます。私も今日、友人に教えてもらって「キノコ」ということを知ったのですが、この小塊粒がどんな役割をするのかが全然わかりませんでした。すごくわかりやすい説明に納得です。コメント欄からのコピペで説明を付け加えたいと思っています。
貴重な写真ですかー?嬉しいです!大切にしよう!

投稿: TOM | 2006年4月25日 (火) 20時36分

こんにちは^^
なんと、新木場のハーブガーデンに、今まさに
ハタケチャダイゴケが大発生しています~^^;
色々検索していて、こちらにたどり着きました。
ハーブサークルメンバーにも、このブログを紹介
しちゃいますね^^
でわでわ♪

投稿: fuming | 2008年9月24日 (水) 16時26分

fumingさん
狭山公園にも大発生していますよ!

投稿: TOM | 2008年9月25日 (木) 05時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149808/9742969

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥の巣キノコ:

« ピーナッツのグランドカバー | トップページ | 黄金の雨 »