« タピオカとニセタピオカ徹底比較 | トップページ | ココナッツの花 »

2006年7月15日 (土)

謎のプラスチックの実

       060527274s

来週、シンガポール植物園のエボリューションガーデンエリアのガイドをするので、最近エボリューションガーデンによく行っています。2ヶ月位前に歩いていた時にこのエリアの「花の誕生」エリアで出会ったのがこの「実」。写真だとよくわからないのだけど、まるでプラスチックのような質感の青いというか灰色と言うか、そんな直径4~5cmの実がついていたのでした。

060527273s

すっごい変!見たことないよー。こんな変な質感、色!

060602222s

名前がなくてわからなかったけどタグがくっついていました。「マグノリア.sp」…ってことはモクレンの仲間???見えない。絶対に見えない。こんなんアリ?

今週再び行ったら今度は花が咲いていました。花の直径は8cmくらい。

きれい!

って合弁花なんですけど…これってモクレンの仲間?ほんと?

午後3時過ぎに行ったせいかもしれませんが、花はもう終わっていました。ほとんど落ちかけて、メシベのおかげでなんとかぶら下がっているという感じ。

060712030s

060712032s

060712034s

落ちたお花をひっくり返したところ。

緑色の模様がきれいです。

とってもいい香りがしました。色も白いし、夜に咲いて蛾やコウモリに受粉を手伝ってもらうタイプのお花なのかな?

060712033s

060602218s

実が落ちた痕かな?

060712044s

060602223s

葉はこんな感じ。葉脈ははっきりしません。ぽってりと厚い、あんまりテカテカはしていない表面をしています。黒い点々がいくつか見えるのが特徴です。長さは10cmくらいかな。

エボリューションガーデンにあるのは大きなものでも2mくらいの低木です。もっともっと大きくなる高木になるのかどうかもわかりません。

モクレンの仲間でこんなんあるんですか?

種までわからなくてかまいませんので、何の仲間に近いのか写真で予想できる方、どうぞお知恵をお貸しください!!

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

|

« タピオカとニセタピオカ徹底比較 | トップページ | ココナッツの花 »

コメント

先月そちらに行った折に、公園散策の案内をしていただきありがとうございました。行ったことがなかったので感激しました。来年は帰国と言ってましたね。残り少ない時間を楽しくまたお体に気をつけてください。宮下さんにもよろしくお伝えください。お二人の住所がわからずお手紙も差し上げずにすみません。

投稿: 更科 三千代 | 2006年12月 1日 (金) 14時29分

こちらこそお会いできて嬉しかったです。日本へ帰国の際はまたよろしくお願い致します。

投稿: TOM | 2006年12月 4日 (月) 19時44分

 この花、シンガポール植物園のエボリューションガーデンで見たときは、草丈の低いつる状の植物だと思っていましたが、先月、タイの田舎の小さなホテルに植栽されていたものは高さ3m近くある立派な木でした。
 夜開花して香りがあり、午前中で雄しべが茶色くなってしまう熱帯の花。
 名前が分からず、僕もその正体が気になってました。


「白い花」「熱帯」「香り」をヒントに探していたら...

 ようやくわかりましたよ!!

 「Fagraea ceilanica」

Fagraea? そう!!なんとシンガポール植物園のシンボル的存在のテンブスと同じ仲間だったんです。意外ですよね。

下記サイトに同じ実の写真があります。
http://toptropicals.com/catalog/uid/fagraea_ceilanica.htm

TOMさんの長年の謎、一つ解けましたね。
めでたし、めでたし!!

投稿: Sando | 2010年8月26日 (木) 15時13分

sandoさん
ありがとうございます!素晴らしい~。あらためてアップしようと思います。(今あまりの忙しさに手が着けられない(涙)
ヤシの方も思い入れが強い子だけにちゃんと書こうと思ったらまとまった時間が取れずアップできてなくてごめんなさい。近いうちに必ず…。

投稿: TOM | 2010年8月29日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タピオカとニセタピオカ徹底比較 | トップページ | ココナッツの花 »