« アブラヤシと日本人 | トップページ | テンブス »

2006年9月 3日 (日)

アメダマノキ

Cicca acida   or Phyllanthus acidus  or Phyllanthus disticus

2_27

公園で時々見かける木。低木です。せいぜい5~6m。かわいい飴玉のような実がなっているので、わかります。

小さな小さな花です。直径2mmくらいと言ってもいいんじゃないかな。1~2個の雌花の周りを雄花が取り囲む総状花序…と自然友の会の資料にはありました。でも撮った写真からはよく分かりません。

写真から分かるかな。真ん中あたりに写っているピンクのぐちゃぐちゃっとした部分が花序です。小さいでしょ。

7_1

雌雄異株か同種。

もうちょっと拡大してみよう…。

5_6

うーーん、なんて可愛いんでしょう!!

ミクロの世界でこんな美しい花を咲かせてるなんて、虫くんにちょっと嫉妬してしまうわ…。

6_3

実の赤ちゃん。メシベがまだ残ってます。これがだんだんと大きくなっていきます。

3_13

実は最終的には直径2~3cmになります。名前の通り飴玉のようです。かわいいでしょ!

アメダマノキ…なんて名前がかわいいよねー。英語名の和訳でもないし、どんな日本人がつけたんでしょう?

幹生果で、下の写真のように枝に直接なっているのをよく見ることができます。

4_7

1_17

実は生食ができて、すっぱい味がするそうです。料理の風味づけに使ったり、砂糖漬けやピクルスにします。根や種子を薬用に使うそうです。

トウダイグサ科 Euphorbiaceae

原産地: インド、マラヤ

Common name: Malay Gooseberry , Starberry , Country Gooseberry ,アメダマノキ

資料:「熱帯植物要覧」 P218

    シンガポール日本人会自然友の会資料 B-22

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

    

|

« アブラヤシと日本人 | トップページ | テンブス »

コメント

アメダマ! 面白い木があるんですねぇ。
特に小さな花が素敵です。
実の赤ちゃんも可愛いし、実も食べてみたい・・・
とにかく、とても心惹かれました。

投稿: waiwai | 2006年9月 4日 (月) 04時50分

waiwaiさん
私も実を食べてみたいと思いつつ、まだ挑戦したことがありません。マーケットとかで売ってるのかなあ?

投稿: TOM | 2006年9月 4日 (月) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブラヤシと日本人 | トップページ | テンブス »