« プルヌス | トップページ | シーリングワックスパーム »

2006年12月20日 (水)

ヨナグニサンの幼虫

Attacus atlas

ヨナグニサン(ヨナクニサン?)のご紹介を前にしたことがあるんですが、スンガイ・ブローに行ったら、幼虫くんがいましたぁ!!「ヨナグニサンの幼虫だよ!」と誰かが教えてくれて、わかった次第。

4_31

世界最大の蛾なだけあって、幼虫も迫力ありましたぁ!長さ15cm以上あったんじゃなかろうか。TOMはそんなに虫が好きなわけでも、得意なわけでもありません。むしろ苦手と言っていいんですが、いやぁ、これだけ大きくなるともう気持ちが悪い…とか、怖い…とかいう気持ちはぶっ飛びます。もう、感動!!!!です!!!シンガポールにいてよかったよぉー――!

1_91

TOMたちが叫んでいたのは「うわー、大きい!」「うわー、かわいい!」そんなんばっかりでした。

4_53

足がね。きれいな青色なんだよ。青いお靴を履いているみたいで、はっていく様子がなんともユーモラス。可愛すぎ!デジカメのムービーで撮ったのでみんなにも見せたいよー!(でも見せられないのが残念ですぅ)

左はお顔の写真。

下が青色の足!!!昆虫ってさ。足が6本って学校時代に習ったけど、イモムシは足は6本じゃないんだね。って初めて知ったよ…。

5_52

6_42

一番後ろの足。ふふふ…。コメントはもうすまい…。

2_87

ふと見ると、茶色の違和感のある葉っぱが…。よく見ると繭でした!こっちも負けずに大きいです。

葉っぱを利用しています。わかる?

写真の幼虫くんがくっついて食い荒らしていたのはウラジロヒルギモドキでした。食草が決まっている虫もいるけど、この子は何箇所かで見たけど、全部違う木の葉っぱだった記憶があります。

3_70

ふと昔のページを見ていたら、「誰か教えて―!」と叫んでいたイモムシちゃんがヨナグニサンの幼虫にそっくりでした。あのとき頂いていたコメントでもちゃんとヨナグニサンという名前が出ていましたよ。こちらで紹介した子よりも今回見た子の方がぐーーーーっと大きかったです。

成虫についてはこちらを見てくださいね。→ヨナグニサンを紹介したページ

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

|

« プルヌス | トップページ | シーリングワックスパーム »

コメント

TOMさま
 はじめまして、浜松市のご出身だそうで。
「ヨナクニサン」を検索していて、出くわしました。
幼虫の写真、大変すばらしいですね。
 小生は、北タイに長いこと住んでいるのですが、TOMさんのご両親の先輩にあたるかもしれない爺さんです。田舎は、合併で現在は掛川市に入っているようです。

 去年からなのですが、すっかり「ヨナクニサン」に入れ込んでしまい、また今年も、成虫に遭えるのが楽しみです。
 蛹からかえって1週間か10日のはかない命らしく、その間、飲まず食わずだということを知り、いっそういじらしく思うようになりました。

 お暇なときにでも、小生の「ヨナクニサン」もどうぞ。
 ではまた。

投稿: K.SUZUKI | 2008年5月19日 (月) 18時08分

suzukiさま
お邪魔させていただきました!可愛い!!!小さいのがこんな格好をしているんですね。リンクさせてくださーい!成虫が注目されがちだけどいろんな段階のヨナグニサンを見てもらえるのはうれしいですねぇ。同郷でいらっしゃるとか。若輩者ですがこれからもよろしくお願いいたします。

投稿: TOM | 2008年5月20日 (火) 10時43分

はじめまして、滋賀の者です
高齢出産で産まれてくれた娘もやっと小学4年生になりました
去年 近くの方より蚕(家蚕)3頭をいただき飼いはじめ、今年は天蚕の卵をわけていただく事ができて、家蚕のぐんま黄金と新青白とあわせて3種類飼っていました。
シンジュサンの蛹も今 家にあり、来年孵化してくれるか....と楽しみにしています。
ふとしたきっかけで蚕に夢中の娘の影響で今年の家族旅行は群馬長野になり、夜には天蚕の成虫を採りに行ったり、信州大学におじゃましたりの一風変った家族旅行となりました。
娘は信州大学で見せていただいたヨナグニサンの標本に特に興味を持ちまして、検索しておりましたら ここにヒットしました。
来年は探しに探しまくってヨナグニサンを飼う事になるのかな...と思いきや、天然記念物とのこと...。
この夢は叶いそうもありませんね。
でもせっかく興味をもって調べたいと申しますので、親ばかな私としてはどこまででも出かけていく覚悟ですので、何か情報ありましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

投稿: 咲麗 | 2009年9月30日 (水) 14時21分

咲麗さま
コメントをくださってありがとうございます。まったく更新できていないブログです。
私がヨナグニサンを見たのはシンガポールだけですが、海岸沿いの公園などで運がよいと見ることができました。シンガポールのウビン島で見たときは、シーレタスという低木にびっしりと色々な大きさの幼虫がいましたが、これも運がよかっただけかもしれません。
日本でも沖縄など暖かい地方であればいるなど聞いたことがありますが、自分自身行ったことがないのでわかりません。
娘さんは素敵なお母様を持ってよかったですね。小さいときの感動は一生ものだと思います。ヨナグニサンは見られなくても、東南アジアには面白い動植物がいっぱいいます。ぜひ訪れてみてください。

投稿: TOM | 2009年9月30日 (水) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プルヌス | トップページ | シーリングワックスパーム »