« マレーゲール | トップページ | 馬來野生食用植物図説と食用野生動植物 »

2007年1月 7日 (日)

ヤドリギ

ヤドリギ オオバヤドリギ科 Loranthaceae の仲間だと思いますが、学名がわかりません。

5_59

ヤドリギというと、日本では木の上にぼこっとできている丸い緑の塊…というイメージがあって、「あれがヤドリギだよ」って初めて説明された時、何を言われているのか全然理解できなかったのがこの子。

左のは、ウビン島で1個だけひろったお花。この森の高い木の上のどこで咲いてるのかな?そんなことを考えながら、写真を撮りました。

シンガポールのこの子は、日本のヤドリギとは科も今は全然違うらしいんだけど、セミパラサイト(半寄生植物)という意味では同じらしいです。

日本でもヤドリギは高い木の上にあって、よく実体を見たことがないように、シンガポールでも高い木の上にあって、なかなか実体を見る機会がありませんでした。

先日クレメンティウッズパークで、低めのコプシアの木にいーっぱいくっついているのを発見。

半寄生植物だから、厳密には公園の植物としては、厄介でやっつけたい植物なんでしょうけど、TOMたちとしては色々な発見ができて、とってもラッキーだったのでした。

日本のヤドリギみたいにボコってなってるんじゃなくて、ツル植物のように木に絡みついているのが特徴です。でもツル植物と違って、地面に根っこがあるんじゃない。木にこんな風にくっついてる。うーーん、面白い。このぼこっとした土の塊みたいなのはどうやって作られたんでしょう?アリがいっぱいいたけど、何か関係があるんだろうか???

1_102

2_96

3_79 4_59

上のはつぼみの写真。長さは3~4cmくらいのがいっぱい付いていました。お花が咲いているのがなかなかないぞー。

ありました!きれいな朱色。すぐに色あせてしまうのか、こんな状態のものはなかなか見つけられません。

何気につぼみに触っていたら、ちょっと先っちょをつまんだりして刺激を与えると、先がぱっと反り返って花が開きます。

えーーーー!おもしろーい!おもちゃみたい!

8_30

下の写真は面白がって触って開かせてしまったお花たち。ちゃんと普通に開いたお花と違って花びらが色づいていません。

ごめんね。ヤドリギちゃん…。

アリが多いので気をつける必要があるけど、これは子どもにあそばせてやりたい発見でした。ほんとに面白いよ!

7_34

そうこうしているうちに本田ファミリーのパパが面白いことを発見。つぼみの下部の膨らんでいるところと指で押さえると、こんな風に汁が出てくるのです。

もしかして…甘い???

ビンゴ!!

甘いです。ほのかに…ではなく、とっても。それでもって指でこんなふうに押さえても、お花がクルっと開きます。

自然の状態ではどんな風に開くんでしょう?知りたいです。

 

10_20

開いてみたらこんなふうになっていました。写真ではよく分かりませんが、オシベは花びらにくっついてはいないけど、花びらにできた溝にはまるようにくっついています。

花びらは肉厚で、花びらじゃなくてガクかな?とも思いましたが、下のほうに短いガクがちゃんとついていました。だから、これは花びら。

6_48

実もありましたよ。赤くて小さな1cmくらいの。鳥が食べてタネを運ぶんでしょうか???

葉っぱはこんなふう。地面に根っこを下ろしていないせいか、着生ランなんかと同じように肉厚です。

9_22

オオバヤドリギ科については今日は調べ切れませんでした。学名などご存知の方がいたら、教えて下さい。お願い!

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

|

« マレーゲール | トップページ | 馬來野生食用植物図説と食用野生動植物 »

コメント

このヤドリギの学名は、Dendrophthoe pentandraです。
さまざまな木に寄生することができ、40種類以上の宿主が確認されています。
タイでも街中で見かけることのできるヤドリギです。

投稿: Sando | 2016年7月 1日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マレーゲール | トップページ | 馬來野生食用植物図説と食用野生動植物 »