« シナモン | トップページ | ナツメヤシ »

2008年6月 5日 (木)

カポックツリー

Ceiba pentandra

1_99

(miyomamaさんがお花の写真を送ってくださったので、以前書いた記事の修正版で再アップしました)

シンガポール植物園のバンドスタンドとレインフォレストエリアの間に、カポックの木はあります。

板根がとても大きくて、それはそれは見事。子どもだったらすっぽり入ってしまうくらい。これで樹齢が100年足らずだと植物園の人は言っていたのにはビックリ。   

3_77

大きな木なので2006年の年末にお花がいっぱい咲いて落ちているのは見られたんだけど、花序の様子などがよくわからないままになっていました。

先日miyomamaさんが「ホルタム・ホール近くのカポックは
枝が低く出ていて、目の前にお花が見えました。(2007・4・21)よかったら使ってください。
」なーんて素敵な写真を送ってくださったので、以前紹介したページをリニューアルしての紹介です。

花序の様子。まとまって枝にくっついてるんですねー。なんだかすごい数!下の3枚の写真はmiyomamaさんが提供してくれました!

17

1516

こちらは運良くそのままの形で落ちていたお花。7_32

普通ね。日本のサクラとかだったら、お花が咲いててきれい!って思うでしょ。でも、カポックの場合は木が大きいから、お花の咲いている枝が遠くて、普通は花が咲いているのがよく見えない(涙!) 

だから木の下に落ちていた花殻で、「ああ、花が咲いているんだなあー」って気付かされるんです。 

木の下はこんな風景。花殻の量が多くて、2006年にTOMがお花に出会ったときは、靴の底がベタベタになってしまいました。                                    

4_5711_15

落ちていた花殻はほとんどがこんな感じ。12_12

中にはこんなつぼみも…。ガクはカップ状になっています。

花が

2_94

終わると長さが10~15cmくらいのラグビーボールのような実がなります。熟すと割れて中から白い綿毛が出てきます。

14

左の写真もmiyomamaさんが昔提供してくれた写真。タネが整然と綿の中に並んでいる様子がよくわかりますよね。

下の写真は木の上で、ふわふわの綿毛が飛び出してきているところ。

6_46

9_21

綿毛が飛ぶようになると、まるでボタン雪が降っているかのような風景を見る事ができます。

拾ってみたら、1つの綿毛の塊の中に、黒い種が1つずつくるまれていました。なるほどー。こうやってタネを飛ばすのがカポックちゃんの戦術なのねー。

このワタ。パンヤとして使われたり、水をはじく性質を持っているので、救命胴衣などに使われたりしているそうです。

自然友の会の友人たちにはこれを拾い集めて色々作っている人たちもいましたよ。子供と一緒に拾い集めてマスコットなんかを作るのも、シンガポールの思い出作りの1つとしては素敵なんじゃないかな。

綿を作ってくれる植物は綿花だけじゃなくて色々あるって事をカポックはTOMに教えてくれました。ほんとに植物は面白い!!

下に落ちている綿にはこんな虫がよくいます。

8_28

若い時の幹にはこんな棘があるのも特徴のひとつ。5_57

葉っぱはこんなふう。

シンガポール植物園のバンドスタンドのカポックの板根はとにかく記念写真スポットには最高!

ぜひ一度は撮って、シンガポールの記念にしてくださいね!

13_9

キワタ科 Bombacaceae

原産地:熱帯アメリカ、熱帯西アフリカ

Common name: Cotton Tree , Kapok Tree , White Silk Cotton Tree ,カポック、 シロキワタ

資料:「Tropical Trees And Shurubs」Wee Yeow Chin P337

「熱帯植物要覧」 P298

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

|

« シナモン | トップページ | ナツメヤシ »

コメント

あけましておめでとうございます!
昨年はたくさん楽しみながら勉強させていただきました。
今年も楽しみにしております。
このカポックってうちにもある鉢のと同じみたいですが、あまりにも大きい!!!

投稿: Shumho | 2007年1月 4日 (木) 09時28分

 2007年ですね。旧年中はお世話になりました。
TOMさんのブログで、いつも勉強させてもらっています。

 日本に住んでいると、熱帯植物に触れる機会が、なかなかありません。
 TOMさんの写真と説明は、とてもありがたいです。花序の様子、おしべやめしべの付き方、果実の中身など、かゆいところに手が届くようです。
 カポックの花のつぼみの写真は、ここで初めて見られました。
 私も、ここのように、わかりやすく親しみやすいブログを目指します。

 今年もよろしくお願いしますね。

投稿: 松沢 千鶴 | 2007年1月 4日 (木) 15時00分

あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になり(このブログにも!)ありがとうございました。
カポックの花をシンガポールにいる時に見てみたかったです。残念!
年末の渡仏ぎりぎりにF.J.Hコーナーの「植物の起源と進化」が手に入りました。こちらで、ゆっくり楽しみながら読むつもりです。
今年もTOMさんのブログを楽しみにしています。がんばってね!

投稿: keiko | 2007年1月 4日 (木) 16時54分

始めまして。

グローバル・ビズ(http://gbiz.jp/)というサイトで、
世界各国のビジネス文化/マナーを紹介しているカワテと申します。

シンガポールにつきましても紹介させていただいており、
http://gbiz.jp/sngtop.htm
シンガポール文化に身近に触れられている方々にご訪問いただき
ご意見やご感想を聞かせていただけたらと思い、
勝手ながら書き込みさせていただきました。

*管理人様、突然の書き込み失礼いたしました。
 不適切でしたら、お手数ですが削除ください。

投稿: グローバル・ビズ | 2007年1月 4日 (木) 19時42分

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
この樹のことを知って、ますますシンガポールに行ってみたくなりました。

投稿: waiwai | 2007年1月 5日 (金) 06時14分

Shumhoさん、松沢さん、keikoさん、waiwaiさん
昨年中は皆さんに本当にお世話になりました。寄せていただいたコメントや助言は何にも変えがたいなあって思っています。超遅いレスばかりですが、これからもよろしくお願い致します。

投稿: TOM | 2007年1月 9日 (火) 11時35分

おほほ・・・懐かしい木が・・懐かしい子が・・

カポックツリーまるわかりですねー。
いつもありがとう(*^-^*)

投稿: かほ(*^-^*) | 2008年6月 5日 (木) 11時39分

 TOMさん、お久しぶりです。
 今年、3月に、シンガポール植物園に行ってきました。時間があまり取れなくて、全部を見ることは出来ませんでしたが、次回の楽しみと思っています。
 カッポクも下のアドレスで、見ていただけるのですが、私が撮影した木があまり大きくなかったためか、花は、こんなにたくさん付いていませんでいた。
 http://www.e-amo.net/amano/plants/panya/kapokku.htm

投稿: 花探し爺 | 2008年6月 5日 (木) 14時18分

かほさん
お邪魔させて頂いておしゃべりさせていただきまーす。よろしくー。

花探し爺さん
情報ありがとうございました!このページにリンクを貼るようにしますね。インターネットの凄いところってこんな風にみんなの情報を共有できるところだなあと思っています。ありがとうございましt!

投稿: TOM | 2008年6月 5日 (木) 20時17分

初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。自分も教育には以前から興味があり、今こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします。

投稿: アメリカ留学 | 2008年6月11日 (水) 16時26分

木や花の話題と異なりますがカポックツリーの花殻が落ちている写真、地面に草があります。東南アジアの多くの場所で確認できるのですが、芝のように植えられ葉の長さは5、6cmくらいが多いと思います。公園、緑地でよく見るあの草は芝なのでしょうか。名前をご存知なら教えてください。日本では見られないので以前から気になっています。
たぶん2枚目の板状根の周囲の草がそれです。

投稿: マック | 2008年6月15日 (日) 10時23分

ツルメヒシバかも。参考にならないかも知れませんが。
http://www.e-amo.net/amano/plants/ine/turumehisiba.htm

投稿: 花探し爺 | 2008年6月15日 (日) 20時05分

花探し爺 さん、ありがとうございます。ツルメヒシバの可能性は十分ですが、シンガポール植物園での葉の幅は大きめで長さは短い、葉の緑は濃くありません。触ってみたところ非常に柔らかいと感じました。

投稿: マック | 2008年6月17日 (火) 07時43分

マックさん、花探し爺さん
主が不在ですみません。マックさん、すみません。昔、何かの文献でイギリスの芝地のような雰囲気を出すために何かの芝を導入したというのは呼んだ覚えがあるのですが、周りの文献でその資料を探すことができませんでした。資料をひっくり返す時に注意をして参考になるものがあるかどうか気をつけるようにしますね。結局わからなかったということです。すみませーん!
花探し爺さん、ありがとうございます!これからもよろしくお願い致します!

投稿: TOM | 2008年6月17日 (火) 10時19分

 カポックの綿毛を製品化された油吸着綿を
 グリストラップに入れて下水道管の油の付着
 を減少するために使用することのPRを行っています。環境にやさしく対応したいために、・・

投稿: seisannpiano | 2009年12月26日 (土) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シナモン | トップページ | ナツメヤシ »