« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

エゴノキの実 (日本)

Styrax japonica (エゴノキ科)

なかなか熱帯の植物に戻れません。四季の移ろいが早い日本では、ふっと気をゆるすと植物の様子が変わり、ねたには事欠きません。でも…ヤシがTOMを呼んでいる…(本だけは眺めてニヤニヤしているのだが)

エゴノキです。

うちの庭で既にかなり落葉しています。

5

3

5月にいっぱい花が咲き青い1cmくらいの実がなりました。

この青い実にはサポニンが含まれ、石鹸のように使ったり、サポニンの毒を魚毒に使ったりすると聞きかじっていたので、じゃ、何がこの実を運ぶんだ?というのが5月以来のTOMの疑問でした。

青い実赤や黒に変化するにあらず。

2

しわしわに変化。おおーー。予想外でした。

4

で、これが剥けるんだ。

剥けて出てきた実はどんぐりのよう。

ってことはリスみたいな小動物が冬の食料として溜め込むタイプのものか?

って予想はしたけど、ここのところ外出の多いTOMは庭に何が来ているのかゆっくり観察している時間もない。

1_2

そうこうしているうちに1つ2つと落ち始める。

おーーーい。

どうなるんだ?このタネたちは?

しょうがないのでネットで検索。

「エゴノキ 鳥」 あたりでどうだ??

Googleで検索!

いっぱい出てきたよ。

ヤマガラがエゴの実を好きらしい。

ほかの鳥は見向きもしないのに、よほどお気に入りらしくまだ青いものも含めてせっせと運んで行くなんて書いてありました。

鉄棒しているヤマガラの写真が載ってるブログ。めっちゃかわいい!!

ヤマガラの写真がすごーーーくきれいなブログ。

こちらは説明もとっても詳しい。ぜひお越しください。

で上記のブログの記事によれば、ヤマガラは食べきれない内エゴの実を明るく開けたところに運んで行って、貯蔵するのだが、時々忘れてしまうので、忘れられたエゴの実は無事に芽を出すことができると書いてありました。

リスのパターンのヤマガラ版だね!

春はハチたちに蜜を与えて花粉を運んでもらい、秋は鳥にえさを与えて種を遠くに運んでもらう。

自然の植物たちは一人で生きているのではないのねぇ…と改めて思います。

そう考えると、故郷を遠く離れて人間の都合で生きている園芸植物たちはちょっと孤独に見えたりしちゃいます。

残念ながら、うちの庭にヤマガラが来ているところにまだ出会ったことがありません。

あーーあ、タネがもったいないなあ。

エゴノキの写真とかいっぱいで参考になるウェブサイト

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/styracaceae/egonoki/egonoki.htm 

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (3)

2008年10月30日 (木)

野山北公園2008年10月14日-2

続きです。前はこちら。

TOMが記憶用にまとめてるだけで、みんなの勉強にならなくてごめん。

日本の野草は本当にちんぷんかんぷん。ただいま必死でお勉強中です。

間違ってるものはどうぞ教えてください。ぺこり。

そろそろミドリ関係でお仕事してます。あちこちに出没しています。ブログは休みがちですが見捨てないで!お願いします…。

30

ヤマハッカ(シソ科)

Plectranrhus inflexus

かな?

カントウヨメナ(キク科)

Kalimeris pseudoyomena31

32

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

Geranium thunbergii

34

チヂミザサ(イネ科)

Oplismenus undulatifolius

33

35

イネ科の花は花っぽくないからTOMのツボにはまります。

ああーー。美しい(涙…)36

ヒヨドリジョウゴ (ナス科)

Solanum lyratum

37

アキノウナギツカミ(タデ科)

Polygonum sieboldii

38 

39

40

メナモミ(キク科)

Siegesbeckia pubescens

41

42

43

44

タウコギ(キク科)

Bidens tripartita

45

ヤノネグサ(タデ科)

Polygonum nipponensis

46

47_2

48 ヒイラギモクセイ

キンモクセイよりもすごく上品で甘い香りがします。

ブログランキングに投票をお願いしまーす…ぽちっ!

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (2)

2008年10月21日 (火)

野山北公園2008年10月14日-1

2008年10月半ばの野山北公園の野の花たちの様子です。

3

里山ガーデナーボランティアのみなさんが、公園の中からタネや株を採取し、蒔いて、苗を作り、野の花の小道を再生しました。

野生のタネは園芸種のタネとは違って、ばらばらに芽を出して、生き残りのための保険をかけています。

なので、芽が出て育ったものは野の花小道に植え付けますが、何も芽がでないものもあります。

でもずっと置いておくと思い出したように芽を出すところが面白いです。

1

エノコログサ3種(イネ科)

キンエノコロ

アキノエノコログサ

ムラサキエノコロ

5

ソクズ(クサニワトコ)

Sambucus chinensis

のタネができています。

6

.

2

コブナグサの穂

Arthraxon hispidus

黄八丈の染料にもするコブナグサ。9月のはじめには草を摘んで手ぬぐいを黄色と茶色に染めました。(鉄で茶色)

.

.

.

4

ニガクサ(シソ科)の穂

Teucrim japonicum

ハムシの虫こぶが黒く大きくなっている。

イノコヅチも虫こぶを作る。 

11

アキノノゲシ(キク科)

Lactuca indica

ハルノノゲシに似ているけれど秋に花を咲かせるのでこの名前があります。 

9

タネはこんなに真っ黒。立派に大きいです。

花はそろそろ終わりに近づいているかな?

8_2

里山民家とススキをバックに。

うーーん、絵になります。

10 12

ツチイナゴ脱皮中。

16

13

コセンダングサかな??わかる人教えて!

なんにしてもキク科なのは間違いないねぇ。

14

15

17

ノダケ(セリ科)

Angelica decursiva

紫色の小さな花がたくさん咲くのだけど、よくよく見ると色々な段階のものがあって、どんな段階なのだかはっきりしない。

予想をするにオシベ先熟、メシベが後のタイプかな?

18

19

.

20

21

22 

アキノウナギツカミ(タデ科)

Polygonum sieboldii

アキノウナギツカミとミゾソバ(Polygonum thunbergii)は花も全体の感じもよく似ていて、見分けにくい。

野の花小道ではさらにヤノネグサ(Polygonum nipponensis )、 ママコノシリヌグイ(Polygonum senticosum) も登場して混乱の度合いが増す…。

なんてことはない。

みんなタデ科タデ属の仲間なんだけどさ。

微妙に違うのだ…。

23

ノハラアザミ(キク科)

Cirsium tanakae

ノアザミと似ているけれど、ノアザミは春に咲き、ノハラアザミは秋に咲くのだそう。

24

ノガリヤス(イネ科)

Calama grotis arundinacea var. brachytricha

かな。違っていたらごめんなさい。

イネ科の植物たちの花や実りが秋の風情をいっそう増してくれています。

下の2枚は…なんだっけ?

上はヒヨドリバナのタネ??

下は…??? わかる方教えてください。

25

26

.

.

27

ヤクシソウ(キク科)

Youngia denticulata

ようやく咲き始めました。

この1週間後に行ったらたくさん咲いていましたよ。

.

.

28

オトコエシ(オミナエシ科)

Patrinia villosa

お花は既に終わってタネが紅葉し始めていました。タネは5mm位の小さなもので翼がついています。風に乗って遠くまではいけないけど、そこそこ広がります。

    29

ジョロウグモ

今年はクモがとても多くなったと泉先生が言っていました。

植物が多様になったせいで、それぞれの植物に関係する虫たちがそれぞれに増え、それらを捕食する高次捕食者たちが増えたということのようです。

まだまだ続きます。また次回にね。

ブログランキングに投票をお願いしまーす…ぽちっ!

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (2)

2008年10月19日 (日)

秋明菊 考-3

Anemone hupehensis var.hupehensis

シュウメイギクが属するキンポウゲ科の仲間は、お花を咲かせる植物の中で「形態に原始性をとどめながらも、高度に進化したグループ」なんだそう。

お花や色々な部分にその証明が残っていて、そんな目でお花を観察してみるのも楽しいです。

まず花びら。

1_3

8

下の写真の花びらのように見える部分。花びらじゃありません。ガクが変化したもので、花びらはないんです。その証拠に裏返してみると、ガクがありません。

見てみてね。

じゃ、つぼみの時からどんな風に、花は成長して行くのでしょう?

順を追っていきます。

9

10

まずつぼみらしい蕾。

次に蕾の外側の本来ならガクになる部分が色づいてきます。花びらのような部分が大きく成長してきます。

ある程度大きくなると開いてきます。でも花全体の大きさは まだ小さい です。

右と左の指の大きさを同じくらいにしてみました。花びらみたいな部分が成長しているのがわかるよね。

11

12

花が開き始めてから花全体の大きさが変化して行くってのはイランイランなんかを思い出させてくれます。

イランイランはバンレイシ科。ガクも花びらもよくわからんって感じもよく似ていますね。やはり古いタイプのお花です。こういうふうに考えると面白いね。

3_2

真ん中の丸い部分のアップ。

この部分がメシベがたくさん集まった部分です。普通は子房があって、そこからメシベがにょきっと出てて…というのが私たちが小学校で習ったメシベのイメージ。でもこのまん丸の塊はそのイメージとはどうも違います。

でもメシベの塊なのです。多分表面のボツボツひとつひとつがメシベ。まだ花が若いので、メシベがまだ成熟していません。

というのもキンポウゲ科はオシベ先熟(オシベがまず成熟して花粉を出し、それが終わってからメシベが成熟して受粉し、同じ固体の中での受粉を避ける習性)なので。

4_2

まずはオシベが成熟して花粉を出します。

このとき虫が遊びにきていますが、アネモネの仲間は蜜を出さないので、虫は花粉目当てで来ているんだそう。

で、このあたりも面白いポイント。

昔々、虫が花に寄ってきたのは、はじめは花粉が目当てだったんだそう。

花粉は次世代のための遺伝情報のほかにたんぱく質なども豊富に含んでいるので、虫にとってはとてもよい栄養源だったんだって。で、最初は一方的に虫が花粉を搾取する関係だったのが、植物も虫を利用すると風で花粉を飛ばすよりもより確実に仲間に花粉を運んでもらえると気づいて、積極的に虫を花粉を運ぶ媒体として利用するようになった。

だけど、花粉は植物が次世代のためにエネルギーを振り絞って作り出すもの。それより効率がいい(植物にとってはエネルギーが少なくてすむ)発明品が「蜜」だった…という話がある。

ということは蜜を作らず、花粉を与えて花粉を運んでもらう習性も古い性質かしら??

5_2

花粉がだいぶ出て花びらみたいなガクが触るとはらはら散ってしまうようになると、真ん中の丸い部分はこんなふうになってきます。

キンポウゲ科は一般的にはメシベやオシベがいっぱいあるんだけど、これらは螺旋状についているんだって。この写真からわかるかな?

で、この螺旋状につく…という形態は「マツボックリのボコボコが螺旋状についている」なんて裸子植物にも通じる形態で古い形態を残しているのだそう。

丸いメシベの塊から出発した、TOMのシュウメイギクのなぞを追う旅は、とうとう裸子植物にまでさかのぼってしまいました。面白いなあーーー。

6

丸い部分をさらにアップします。突起が出てきてふわふわした感じになっているところ、これはメシベが成熟して花粉の到着を待っているところなのかしら?? 7 

花びらみたいなガクとオシベが全部落ちてしまうとこんなボコボコした丸い塊が残ります。

この状態だと受粉は終わっているのかな?よくわかりません。

で、受粉した子房がそれぞれ大きくなって、丸い集合果が出来上がるらしいのだけど、これはこれから観察してどんなふうになるのか見たいと思います。

本には長い毛を持つ種子がついて、風で飛ばされるとありました。

http://wapichan.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_ecf0.html

属名のアネモネはギリシャ語で「風」を意味するのですが、こんなタネの様子から属名がついたのではないかと言われているそうです。

シュウメイギクですが、イチリンソウ属(Anemone)に属しています。

イチリンソウ属は約150種世界中に分布
しています。日本のシュウメイギクの元の姿と思われるAnemone hupehensis var.hupehensis ヒマラヤ地方より中国大陸、台湾の温帯より暖帯に分布しているのですが、その地域はキンポウゲ科の分化の中心なのだそうで、「そこに残っているキブネギク(シュウメイギク)の仲間はやはり古い植物ということができよう。」と「生きている古代植物」には書いてありました。

また、イチリンソウ属の植物は花びらがなくて、花びらのように見えるのはガク。シュウメイギクも同じですが、「花びらがない」ということも古いタイプということの証明なんですって。

シュウメイギクは茎が枝分かれしてたくさんの花をつけますが、そんなところも古い性質を残していると考えられているんだそうです。

うーーーん。難しい。でも面白い。

******************

その他にも調べていたら興味深い記事がありました。でもTOMには簡単に説明するのが難しいので、一読してわからない方はごめんね、TOMの記憶用に書いてると思って読み飛ばしてください。

******************

シュウメイギクの属するイチリンソウ属(Anemone)閉果で、その意味ではキンポウゲ科の中では進化した群。どういうことかと言うと、キンポウゲ科の中で古いタイプのものは袋果(トリカブトとか)になるので。

でもその一方で原始的な特徴も残していて、たとえばニリンソウはその中でも面白い特徴をもっています。

ニリンソウは閉果だけど、閉果が秋にできたときには、タネの中で受精した受精卵がまだ分裂しないままでいることが多く、閉果として落ちてから ゆっくり胚が発生するんだって。でもこれって裸子植物の中でも古いタイプのソテツやイチョウといった、精子があって受粉を行う植物群の特徴。被子植物としてはどんなにか原始的な部分をのこしているかということがわかります。

おおーーー!面白い。

********************

まとめ

シュウメイギクAnemone hupehensis var. japonica は本来は八重で古い時代に日本に入ってきたタイプを指す。

最近出回っている一重のタイプはAnemone hupehensis var.hupehensis で、ヒマラヤ地方より中国大陸、台湾の温帯より暖帯に分布し、キンポウゲ科の中でも古い形質を残した興味深いお花である。

*********************

ちゃんちゃん♪長いお付き合い、ありがとさん。

資料:「生きている古代植物」P60

    朝日「植物の世界」P8-262

ブログランキングに投票をお願いしまーす…ぽちっ!

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

秋明菊 考-2

Anemone hupehensis var.hupehensis

まずは交通整理です。

12

シュウメイギク A.hupehensis var. japonica 秋明菊と書き、キクのような花を秋に咲かせ、京都の貴船山でよく見られたことから「貴船菊」の名もあります。」

というのが、よくあるシュウメイギクの説明。朝日の「植物の世界」ではさらにこんな説明が続きます。

「多年草で高さは1m以上にもなり、9~10月に紅紫色で直径5cmほどの花をつける。
本州から九州で普通に見られ、中国にも分布する。日本のものは古く中国から渡来したものと考えられている。」

基準変種のアネモネ・フペヘンシス・フペヘンシス var.hupehensis 中国中部や西部(四川省など)に分布し、シュウメイギクとは異なり一重咲きで直径約1.5cmの球形の集合果をつける。」

TOMのうちにいるシュウメイギクちゃんは一重のこの写真のタイプで、ずっとこのタイプがシュウメイギクなのだと思っていましたが、今回調べていて、本当のシュウメイギク、キブネギクは八重なのだということがわかりました。八重の子の写真はウィキのシュウメイギクのページを見てください。

八重のタイプは実をつけないので(ということはタネによる散布ではなく、栄養繁殖でこれだけ増えた??)、中国から花が美しいとかの理由で日本へ運ばれ、そこから人の手によって増えていったのでしょうね。

今、私たちがシュウメイギクと思っている一重の子は、じゃあ、いつ頃から日本へ出回るようになったのでしょう? 意外と最近のことなのかもしれません。

ネットではこの辺のことが混乱しているようで、一重の写真でシュウメイギク、学名をA.hupehensis var. japonica としているサイトが多いので、気をつけてくださいね。一重の子はA.hupehensis var.hupehensis で、八重の子がA.hupehensis var. japonica ですよー。で、var. japonica なんて言ってるけど、帰化植物です。

だからと言って、今出回っている一重の子は「シュウメイギクじゃない」なんて言うつもりはありません。一般名なんて時代とともに移り変わるもの。現在、多くの人が一重の子をシュウメイギクと呼ぶのならそれでいいんじゃないかなと思います。でも学名はちゃんとしてほしい…。

で気になったのは、「一重の子は結実するが、もともと日本にいた八重の子は結実しない」という部分。

そう言えばシュウメイギクの実って覚えがない。

7

ガーデニングの世界では「花が終わったら花殻をまめに摘みましょう」が常識。シュウメイギクは高さが1m以上にもなるので、けっこう暴れます。花が終わったら下からバサって切るのがガーデナーのお仕事よねなんて思っていたから、実が成るまで残したことなんてありませんでした。どんな実がなるんでしょう?

シュウメイギクの実で検索しましたが、見つからず、同じアネモネ属の仲間で再度トライ。こんな素敵なブログにたどり着きました。写真のツボがTOMと似てる…。思わずこちらのブログで際限のない旅に出てしまいましたぁ。アネモネ属の仲間のアネモネの実はこんなふうになります。

http://wapichan.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_ecf0.html

シュウメイギクはどんな実がなるのでしょう?今年は頑張って観察したいと思います。

また長くなってしまったのでシュウメイギクが「古代植物の生き残り?」の話題はまた次回に。

資料:朝日「植物の世界」P8-262

ブログランキングに投票をお願いしまーす…ぽちっ!

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

秋明菊 考-1

だいぶ涼しくなってきて、我が家の玄関先でもシュウメイギク(秋明菊)が咲きました。

花をぼーっと眺めていて「あれ?」。

1_3

わかっていたことだけど、名前はキクでもキクの仲間じゃありません。

2_2

メシベの柱頭っぽいものがなく丸い球形になってます。「お、これはバンレイシの仲間のパターンだ~!」 と植物オタク根性がふつふつと湧き上がってくるTOM。

1

バンレイシの仲間の花はこれ。

バンレイシの場合はオシベも球形の中に入ってるけど、シュウメイギクのオシベは別になっていて、たくさんのオシベが、球形にまとまったたくさんのメシベを取り巻く構造をしています。

バンレイシの仲間は、お花が咲く植物の中ではとても古いタイプのお花で、ある意味ではシュウメイギクちゃんは古い形を残しつつバンレイシちゃんよりは進化してきた子なんじゃないかなと、ぼーっと眺めていて気が付いちゃいました。

キクの仲間はある意味では、もっとも進化したお花と考えられていて、仮にも「○○菊」などと呼ばれて一見「菊の仲間」と素人さんが思ってしまいかねないシュウメイギクちゃんが、じつは進化の過程の中ではキクとは真逆の関係にあるかもってのが面白いなぁーって思っら俄然興味がわいてきて、調べ始めたのがアイアンウッドよりこっちが先に記事になってしまった理由です。

シュウメイギクはキンポウゲ科。キンポウゲ科の中にはトリカブトちゃんなんかもいて、形がけっこう多様なよう。
古代植物という本があって、そのキンポウゲの項の最初にあったのは「草本性の多心皮類」という記述。「多心皮」についてはここではちょっと長くなるので省きます。ただ、「多心皮」を持つ木になるものにはモクレン科とかバンレイシ科とかがあって、TOMの予想は当たっていたわけでした。つまり、キンポウゲ科のシュウメイギクは太古の花の様子を残している子だってことですね。

ここまでが長い。全部書いてからアップすると、次までにまた時間が開いてしまうので、続きはまたにします。

ブログランキングに投票をお願いしまーす…ぽちっ!

熱帯植物図鑑 (目次…時々更新中)

| | コメント (1)

2008年10月10日 (金)

ご無沙汰しております

ブログもあまりに休むと復帰しづらくなりますねー。

やっぱり日本はなんとなくせわしなく、みんなが働き忙しそうで、何かをやらなきゃと焦る自分がいる気がします。シンガポールでの時間は一種のモラトリアムだったかななんて思います。

ところで9月はPCがとまり、携帯は壊れ、PCは復旧できたけど携帯データはみんな消えました。

どうぞ携帯にTOMのアドレスが入っている友人のみなみなさま、メールください。TOMからは連絡できませ
ん。

リビング前のデッキが腐っていよいよなんとかしたいなと思ったので、業者さんを呼んで見積もりなどとったりしていました。昔はこの業界にいたけれど素材も含め色々変わっているだろうということで、タイプの違ういくつかの業種にコンタクトをとってみました。

いや~!面白い!

合計5つの業者にコンタクトを取りましたが、全て言うことが違います。

素材ひとつとっても、「やはりアイアンウッドしかよい素材はないでしょう」と言う営業さんがいる一方で「製品なのでレッドシダーオンリーですが毎年塗り替えした方がベターです。」と言う人もいる。「樹脂入りがいいよ」という人もいる。

まぁ、書き出すとキリがないので省きますが、この体験でわかったことがひとつ。

これだけ色々な情報がいっぺんに入って来るとお客さんはさぞ悩むだろうなと言うこと。

TOMは業界に無関係ではないので、判断材料を自分なりに持っていますが、素人の方は情報も不足し、専門家の言うことだからと、最後は鵜呑みにするしかないかもしれません。

調べて行くうちに、TOMがシンガポールに行ってすぐに「TOMの木」として「観察してレポートを書く」という使命を与えられたブリアンちゃんが、業者さんが進めるアイアンウッドだということがわかってきました。ってことはウッドデッキの問題をひとつとっても、このブログと無関係ではない???

次回からゆっくり書いて行きますね。

では。たくさん休んでごめんなさい!!

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 目次 (時々更新中)

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »