« ブルートワイライト | トップページ | シュロの雌花 »

2009年2月10日 (火)

ヘリコニア-5 緑っぽいお花

Heliconia sp.

5

この子もヘリコニアの ぶら下がりタイプの子。名前はわかりません。

資料を読んでいたら、

「ヘリコニアのホウは赤や橙、黄、緑、紫、えび茶など色とりどりで、送粉者をひきつけていると考えられる。

「熱帯アメリカではふつう、日中に種ごとに異なるハチドリによって送粉されるが、南太平洋諸島では吸蜜コウモリによって夜間に送扮される。

南太平洋諸島のホウは、黄から緑色で、あることが多い。」

とあって、ホウが緑色のこの子はどこの子?と考えるとちょっとわくわく。 6

ヘリコニア-1 はこちら

ヘリコニア-2 はこちら

ヘリコニア-3 はこちら

ヘリコニア-4はこちら

ブログランキングの投票にご協力を!…ぽちっ

熱帯植物図鑑 目次 (時々更新中)

|

« ブルートワイライト | トップページ | シュロの雌花 »

コメント

狭山公園のブログのほう、今日も見に行ってきたんだけど・・・スポンサーリンクがすごくて、記事にたどり着くまでに、長い道のりでした~(オーバー^^;)
なぜに??アレが普通ではないよね??
それにしてもこちらもしっかり更新していたのね。
えらい!

投稿: fuming | 2009年2月11日 (水) 23時55分

 TOMさん、ご無沙汰いたしております。狭山公園だよりによると、お元気で日本の植物を楽しんでいらっしゃるそうですね。

◎ 上記のHeliconia 5 の緑っぽい花は、学名: Heliconia chartacea、 Common Name: Pink Flamingo Heliconia ですね。

ヘリコニア国際協会 Heliconia Society InternationalのHP:
http://www.heliconia.org/sections/19.html
 このページ左上写真は、切花にして活けたもので、コロンビア、エクアドル、ヴェネゼーラ、ブラジルなどが原産地。

◎ TOMさんのアップと全体の2枚の写真の色合いが微妙に異なっていますが、アップの色合いからすると、園芸用に出回っているHeliconia chartacea 'Sexy Pink'(下記の複数のHP参照)とも思われます。
 
 Heliconia chartacea 'Sexy Pink'は、先日バンコクの園芸店やあちこちのレストランで大きな花器に活けてあるのをよく見かけました。

Heliconia chartacea 'Sexy Pink'の参考HP:
http://www.botanikfoto.com/en/411173.php

http://davesgarden.com/guides/pf/showimage/43650/

http://www.plant.id.au/home/guide_view.aspx?id=6 (右下の写真)

◎ このヘリコニア国際協会 Heliconia Society International のHPは、ヘリコニアに関して充実した内容で、質問など下記宛てに送られたらいかがでしょうか。
   Heliconia Society International
   C/o Raymond F. Baker
   Harold L. Lyon Arboretum
   University of Hawai`i
   3860 Manoa Road
   Honolulu HI 96822-1180 USA



投稿: Midori | 2009年3月15日 (日) 16時22分

はじめまして。

2006年9月27日の変身トカゲの記事に
リンクさせていただきました。

事後承諾になってしまって、ゴメンナサイ。
問題があるようでしたら、お知らせ下さい。

投稿: TOKUKO | 2009年4月15日 (水) 20時37分

こちらのブログは過去のもの、と分かっていても、勿体なくて読み進められません。いつまでも、とっておきたくなりますね。少しづつ読み進めて行っています。(一日の終わりのご褒美に。)

投稿: Blair Rd | 2009年12月13日 (日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルートワイライト | トップページ | シュロの雌花 »