カテゴリー「Ci:熱帯の実 (黄色) Yellow」の記事

2006年2月17日 (金)

バナナの花

これなーんだ?

banana-2s答。バナナのお花。知ってたー??こんな形をしていて、ちゃんとオシベとメシベがあるんだよ!どこがどうか、写真でわかるかな?

おとといくらいに「ウツボカズラの花が小さいけれどスミレとかに似てる…」なんて書いたら、何気に見ているお花が実際にどんな形なのか気になりだしちゃって…、昨日はバナナと出合ったので、写真を撮ったのです。

実際の長さは3cmくらいかな?このお花の1つ1つがバナナになります。花粉のつき方とかちょっと普通のお花とは違ってますよね。

以下だんだんと大写しに…

banana-3s

banana-1s

全体像はこんな風。下に垂れている大きな塊から、右上のような花びらみたいなのが(実際は包?)1枚ずつめくれ上がってその間にこんな小さな花がいっぱい付いています。これらが受粉して左上のように私たちが見慣れている房のバナナになるわけ。

食べられるバナナは世界の熱帯に300種類くらいあるんだそうですが、その元になったのはたった2種類の野生のバナナなんだそうです。300種類がたった2種類から???どうやって作られたの??自然に?それとも人間が品種改良をして?…というのが私の長い間の疑問だったのですが、その気持ちのよい解答が栽培植物と農耕の起源」中尾佐助著 岩波新書 に載っているのを発見。この報告はまた明日。

とりあえずは熱帯に来ると、たくさんのバナナに出会えます。お花も様々。面白いよ!ってなメッセージでした。

***************************

後日の追加とお詫び:すみません!バナナは両性花ではなくて単性花でした。上の記述、間違ってます。この続きを読んで、まちがいを確認してくださーい!

******************************

Musa sp.

バショウ科 Musaceae (ユり(単子葉)綱 ショウガ亜綱 ショウガ目) 

( ^ _ ^ ) 面白かった?こちらをクリック!して1票お願いしまーす! ( ^ _ ^ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

白花のベニノキ

Bixa sp.

bixa_sp

bixa_sp .

.

.

.

.

.

.

.

.

ベニノキ科 Bixaceae ( ビワモドキ亜綱 スミレ目)

原産地:資料がないのでわからないけど、ベニノキと同じ中南米あたりかなあ

Common Name: ??

ちょっと前に紹介したベニノキの白花。シンガポール植物園のエコガーデンのトイレの近くに植えられています。ちょっと前まではピンクの花で赤い実がなるベニノキしかなかったんだけど、先日エコガーデンを歩いたら、白花の若木がベニノキの横に植えられていました。

木の感じはそっくりだけど、花の色と、実の形や色が違います。調べてみたけど、資料は全く皆無。何にもわかりません。知ってる人がいたら教えてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

野菜時計草

Passiflora foetida

passiflora_foetida2s

トケイソウ科 Passifloraceae ( ビワモドキ亜綱 スミレ目)

原産地:ブラジル…でも熱帯各地に自生

Common Name: Wild Passion Fruit, クサトケイソウ、ヤサイトケイ

passiflora_foetida4s ウビン島の庭先で発見。でも先日はシンガポール島内の学校の端に植えられているのを見つけました。

花は小さめ、直径3cmくらいかな。ほのかにピンクでとってもカワイイ。

面白いのは実がイガみたいな「ほう」に包まれています。中が熟すとオレンジ色になります。花と同じくらいの大きさ。3cmくらい。

passiflora_foetida5s

果物を時には食べるそうですパッションフルーツの親戚だからたしかに食べられないことはないだろうけど…。左の写真のようにオレンジ色になったものはなかなか見かけないので、まだ食したことはありません。

は煮て食べるそうです

そんなこんなで「ヤサイトケイ」ってな日本名がついているんだろうね。…ってことは日本でも食べる地方があるのかな?情報もとむ!

passiflora_foetida3s

つる性で被覆作物として利用すると資料には書いてありましたが、どんな場所に植えるのかは実際の場所を見たことが無いのでわかりません。(知ってる人がいたら教えてーー!)

資料:「熱帯植物要覧」 養賢社 P322

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

ホワイトリーフドフィグ

ficus_grossularioides1s Ficus grossularioides

クワ科 Moraceae (マンサク亜綱 イラクサ目)

Common Name : White-leafed Fig

原産地:シンガポール近辺の二次林

ウビン島で撮った写真ですが、ウビン島でなくても森に行けば見られます。イチジクの仲間です。

二次林の端のそこそこ明るい場所で黄色の実をつけていて、葉を裏返すと白い低木を見つけたらこれ。目につくのは黄色だけど、熟すと赤くなるらしい。本には赤く熟した実の写真が載っていました。

葉は色々な形をしていて面白い。ぎざぎざのついているもの、まったくないもの。色々あります。

資料:A Guide to the Fabulous Ficus of Singapore P86-87

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aa:シンガポール植物園日本語ガイド日程 | Ab:目次 & このブログの使い方 | Ac:シンガポール個人旅行 | Ad:自然散策スポット | Ae:シンガポールの風俗と習慣 | Af:昆虫や動物 Insects & Animals | Ag:シンガポールの自然の概要 | Ba:熱帯植物事典(高木) Trees | Bb:熱帯植物事典(ヤシ・ソテツ) Cycads & Palms | Bc:熱帯植物事典(低木) Low Trees | Bd:熱帯植物事典(潅木) Shrubs | Be:熱帯植物事典(草本) Herbs | Bf:熱帯植物事典(シダ類) Ferns | Bg:熱帯植物事典(つる植物) Climbers | Bh:熱帯植物事典(ラン) | Bk:熱帯のキノコ | Ca:熱帯の花 (赤) Flower Red | Cb:熱帯の花 ( ピンク ) Pink | Cc:熱帯の花 (白 ) White | Cd:熱帯の花 (黄色) Yellow | Ce:熱帯の花 (青or紫) Blue | Cf:熱帯の花 (その他の色) Others | Cg:熱帯の実 (赤 ) Fruit Red | Ch:熱帯の実 (緑色) Green | Ci:熱帯の実 (黄色) Yellow | Cj:熱帯の実 (黒) Black | Ck:熱帯の実 (茶色) Brown | Cl:熱帯の実(青) Blue | Cm:熱帯の実(白) | Da:熱帯雨林(一次林) | Db:二次林 | Dc:マングローブ林 | Dd:街路樹 | De:公園や市街地 | Dg:熱帯の果樹・スパイス | Dh:香りのよいお花 | Ea:ブキティマ自然保護区 | Eb: セントラルキャッチメント自然保護区 | Ei:スンガイ・ブロー湿地保護区 | Ej:ウビン島 | Fa:誰か教えて――! | Fb:ある日のお散歩コース | キャメロンハイランド | クワ科 | ジンジャーガーデン | パイナップル科 | フタバガキ | ボタニックガーデンニュース | ボルネオ島 | 参考文献 | 日本の気になる植物たち | 日本の生き物(所沢周辺) | 昭南島に関する記事 | 植物知識一般 | 裸子植物 | 近況 | 雑記ちょう